看護師の将来は安定しているのか

看護師として働いていると、その将来性について不安を感じることがありますよね。実際の医療現場では医師と同様に、看護師の不足が深刻となっていて常に看護師を求めているのが現状です。看護師が求められる理由は、医師の治療方針に従って患者をケアしたりサポートしたりして、医療現場を支えていく人材が必要になります。医療の知識を備えた看護師は、必要な治療を行なう上で欠かせない存在であり、患者の日頃のお世話についても必要不可欠です。そのため、看護師がいないと医療現場は成り立ちません。しかし、現状では看護師が常に足りない状況が続いています。その理由として挙げられるのが、「過酷な現場」です。

「過酷な現場」とは、人手不足が原因で休みがほとんどなく、過労で疲弊してしまい体調を崩すことを指します。しかも、通常の会社とは違い平日の8時間勤務というわけには行かず、夜勤などもあるので生活習慣も乱れがちになります。不規則な勤務スタイルが原因で看護師を辞める人も多く、看護業界の人手不足は深刻な状態なのです。もちろん、医療現場でも何も対策していないわけではなく、待遇の改善や給与アップ、福利厚生の充実など様々なケアを行い、看護師を増やそうと努力をしています。また、一度看護師を辞めても働きやすいように、例えば、出産した人のために託児所を設けたり、産後の育児休暇を取得できたりと主婦でも働きやすい環境を整えています。常に需要が高い職種の一つなので、看護師の仕事が将来的になくなる心配はないでしょう。

これからどうなる?看護師の将来

医療現場では、看護師の慢性的人手不足の状態が続いています。今後も高齢社会により需要がますます増加することから、看護師が勤め先に困ることはあまりないと言えるでしょう。しかしながら、医療現場の将来を考えると、看護師の資格さえあれば就職に困らないという状況が長く続くとは限りません。患者を集められず収益が上がらないために、倒産する病院も中にはあるのです。これからは病床数を減らす政策も進められていくでしょう。そこで、単に患者の傷病を治すことだけが病院の目的ではなく、いかに効率的な経営を行って黒字を出すことができるかという点が重視されるようになりました。

そのため、公立病院でさえ経営の収支を考慮しながら運営するようになっています。こうした状況下では、医療機関に勤務する医療従事者の中で多くの割合を占める看護師の人件費をおさえることが、重要事項となってくるでしょう。入院病棟を持つ医療機関では、病床数とほぼ同数の看護師の数を確保することが必要だと言われています。したがって、採用する看護師のクオリティは必然的に少しでも高い方が優先されることになるでしょう。クオリティの高い看護師とは、認定看護師や専門看護師など特定分野のスペシャリストとして活躍できるスキルを身につけた者が該当することになります。認定看護師や専門看護師は特定の医療分野に関する知識やスキルを身につけた看護師で、一定期間の実務経験や研修を受けた後に試験を受けて合格しなければ資格を取得できません。また、特定行為の研修を受けることにより、看護師は医師からの包括的指示だけで医療行為を行えます。このような資格を取得してキャリアアップを図る看護師が、将来的に優先採用されるようになるでしょう。